うさぎ

ぱぴおのプロフィール

こんにちは!!

本ブログ、もふもふすぺーすを訪ねてくださり、ありがとうございます!

最初に何書こうか色々考えていたのですが、とりあえず細かいことは全く考えず、自分のことを紹介させてください。

この記事を読めば、僕の過去、現在、未来全てが分かります。

 

 

え?お前のことなんか興味ないって?

 

じゃあ僕に興味が無かったとしてもうさぎのことを嫌いじゃなかったらこの記事を呼んでください!

どうしても時間ないよ!って人は未来の部分だけでも読んでください!

では、よろしくお願いします!

ぱぴお(もふもふすぺーすの管理者)のプロフィール

◆社会人2年目までは社会的に見て悪くないレールを走ってきた綺麗な履歴書メイカー

◆ITベンチャー企業で癒しの人事を目指している(2018/2〜)

◆うさぎを家で飼っているくらいうさぎが大好き(2018/5〜)

◆「いやし」「もふもふ」「ゆるふわ」などの言葉が好き

 

まあ、ゆるふわ系のマイナスイオンを放っている人間を想像してもらえれば、おおよそあたりです。

ぱぴおの過去

高校時代まで(普通の学生だけど貴重な経験も…)

放課後サッカーをやって遊んでた小学時代

サッカー部に入って目立った功績も残してない中学時代

そのままサッカー部を続けて受験勉強は頑張って第一志望の大学に受かった高校時代

 

うわーマジで今振り返ると目立ったことしてないなー笑

 

あ、でもね!!

うさぎを小学1年生〜高校1年生まで実家で飼ってたんですよ!!

めっちゃ可愛かったなあ、懐いてくれたなあ…。

多分この経験が「他の人を癒したい」という想いの根源にあると思います。

高校生の時死んじゃった時は本当に悲しかったです。

 

あと、もう一つだけ、多くの人とは違った経験を小学6年生の時にしました。

 

 

 

お父さんを病気で亡くしたことです。

 

 

 

小学生の僕にとってその出来事についてどう思ったのかというと…

「あ、お父さんいなくなっちゃったんだ。来週トランプで遊ぶ予定だったのになー」

冗談じゃなく思っていたことです。

涙も流すことはなかったので、当時は身近な家族の死に対して実感が湧いてなかったのだと思います。

 

ただ、うさぎの死も含めて、この出来事はたくさんの場面で僕の人生に影響してきているなと今では思っています。

もちろん、いい意味でもね。

だからあえて、この場でも身近な存在の死についても隠さず書いています。

僕の人生を語る際の背景として必ず必要なので。

 

はい!暗い話はここまでー!!

 

最初からしんみりしちゃいましたね!

でも、あなたにも大切な人がいたら、それが当たり前に続くとは思わず、ちゃんと大切にしてあげてくださいね。

意外とこれ、身近な人が急にいなくなる経験をしてないと伝わりづらい部分でもあります。

さて、次の大学時代からはちゃんとデビューしていくので気楽に見てくださいね!

大学時代(自由だー行動しまくれー!)

もうね、今までの人生からは考えられないくらい自分の考えを行動に移しまくった!

なんでって?

 

バイトを始めたことで自分のやりたいことを自由にできるようになったからさ!!

 

高校生まで部活と勉強するしか脳がなかった学生が、それ以外の選択肢を自由に選べる環境になったもんだからもう人生楽しいよね!

自分で稼いだ金を自分のために使っていい喜び!

腐る程あまりある自由な時間!

 

よし!ここで僕が大学時代にやったことを並べてみよう!

・スタバでアルバイトして、SSV(時間帯責任者みたいなやつ)になる:大学1年11月〜卒業

・学内団体のビジネスグループに入って、大学近くのスタバとのコラボイベントを開催したりする:大学2年4月〜卒業

・設立3期目の人材系ベンチャー企業の営業インターンでテレアポを1日80件ペースで企業人事に電話しまくる:大学2年1月〜大学3年5月

・上記同企業インターンで営業インターンからマーケティングインターンに切り替え、SNSマーケティングをチームで実践したり、企業人事向け就活イベントをインターン生だけで開催したりする:大学3年6月〜大学3年3月

・人材系大手企業に内定を大学3年3月にもらい、早々に就活を終え、内定者イベントの責任者を努める:大学3年3月〜大学4年3月

 

 

 

 

お分かりいただけただろうか

 

 

 

そう、まだまだ世間的に良いとされるレールの上でしか自分が戦えていないのである。

ベンチャーで長期インターン経験を積んだのは少し特殊ではあるかもしれないが、あくまで就活でいい成果を残すための通過点に過ぎない。

自分がレールの上でちゃんと戦えていることを「優秀である」と勘違いしているのだ。

この勘違い野郎が、自分の人生を生きていないことに気付かされるのは次の社会人になってからである。

社会人1〜2年目(希望の人事部に配属されたけど)

上述の人材系大手企業に内定をもらい、当時はそこに行くと自分の中で決めていたのでそのまま晴れて新卒入社。

3ヶ月の研修も終わり、7月に配属発表があったのだが、僕は人事部に配属された。

題名にもある通り希望通りの配属であったので、感動のあまり泣きましたよね。笑

他の企業の配属はどうなのか正直分からないのですが、僕のいた企業は本人の強い希望があれば通してくれる優しい企業だったなと今でも感じています。

 

そんな企業を僕は3年も経たずに2年目の1月末で退職することになります。

 

なぜって?

答えは簡単です。

 

この企業で働いていた時の僕は「自分の人生を生きていなかったから」です。

 

そうです、世間的にも、家族から見ても、また企業内から見ても「文句を言われないようなある程度良いレール」を走っていたことに気づいたからです。

自分が本気で走りたいと思っているレールではありません。

このレールに乗っている違和感は社会人になってから日に日に強くなっていきました。

「このままこの企業で働いたら幸せな人生を過ごせるのか?」

「この企業で自分が本当に目指したいキャリアはあるのか?」

そんなことを1年目の秋くらいからずっと自問自答していました。

 

そして、その違和感を取り除くために僕は

「今乗っているレールを自ら外れて自分でレールを作る」

ことを選択しました。

 

一般的には新卒で入った企業は3年までは続けることが良いとされていますが、そのレールをあえて外れる選択をしました。

ある意味、ここが生まれ変わるターニングポイントになりました。

 

社会人3年目(初めての転職)

さて、大手企業から抜け出して選んだ会社はプログラミング教育事業をやっているITベンチャー企業になります。

2018/2から入社して最初は労務、今は採用もやっているのですが、実は最初に応募したのはエンジニア職としてでした。

VBAでプログラミングを教えてもらい、自分の作った機能が思い通りに動いた時めちゃめちゃ感動してエンジニアとしての楽しさを知ったんです。

なので、この楽しみを味わうために人事職からキャリアチェンジしたいと思ったことがきっかけでした。

で、なんで結局人事として入社したのかって?

 

実務未経験エンジニアをITベンチャーで採用する余裕はないからだよ!!

 

今考えればエンジニア職というものをなめていたなと。

そんな訳で、当時人事を必要としていたことから人事としてオファーをもらったのでした。

 

ここで一つ疑問。

「お前、エンジニアとして働きたいという希望が叶えられなかったのになんで入社したんだよ!」

ええ、おっしゃる通りです。

ただ、選考を進むうちに「エンジニアになりたい」という想いが本質的な希望ではなかったのです。

僕の本質は「自立したい」だったのです。

 

そう、どこでもいつでも働けて、自分のやりたいことで価値を発揮できる、そんな人間になりたい。

それを実現するための方法としてベンチャーで働くことはめちゃめちゃフィットしたのです。

その中でも僕が個人的に感じている魅力の1つとして「人生としてのPDCAサイクルを回せる環境がある」ことをここではご紹介します。

 

普通は企業の中でのキャリアプランを考えて、それをどう実現していくのか考える方が多いですよね。

しかし2社目の会社ではキャリアプランだけでなく、プライベートも含めて社員が人生で何を実現したいのか考える場があります。

つまり、自分が本当に実現したい将来の夢を作れる環境があるのです。

 

??

 

まだイメージが湧かないですかね。

具体例をあげると、他の社員の方に対して、「将来の夢はこうで、今この段階なんだけれども、次どうすればいいですかね?」と相談できるのです。

 

仕事に関係することかって?いや、全く関係ないですよ。笑

 

自分のやりたいことに対して他の人からフィードバックを頂けるなんて貴重すぎます。

僕はフィードバックもらいたがりの人間なので、この環境には本当に感謝してます。

 

そんなスタートアップで人事をやらせてもらっていて1年経って、組織はどんどん成長していきました。

社員数は1年で15名→70名の組織になりました。

人事をやらせてもらっていた身としては非常に貴重な経験をさせて頂きました。

成長する上でのやりがいも、逆に成長に伴う痛みも、どちらもこの年齢で経験できたのは本当にありがたいことでした。

同時に「採用」という仕事の面白さを感じ始めていました。

そんな時に出会ったのが今在籍している企業で、社会人4年目にして2回目の転職をすることになりました。

ぱぴおの現在(仕事としての自分だけじゃない)

会社のこと(まさかの2回目の転職)

さて、やっと現在の自分の話をするのですが、今書いている時期はというと、転職してから2ヶ月程度しか経っていないのであまり深い話ができないかもしれません。

ただ、めちゃめちゃ楽しいですし、今回の転職もしてよかったなと心から思っています。

 

そもそも自分のキャリアとしてはこれまで労務寄りのキャリアになっていましたが、採用担当としてのやりがいを感じてからはこの仕事をもっともっと深めていきたいと感じていました。

 

そこでちょうど募集していたのが今在籍しているアドテクベンチャー企業でした。

なぜ今いる企業に決めたのかというと、一言で言えば「おいしいから」でした。

 

アドテクはこれからも成長していく産業であること、企業自体も去年上場したばかりで成長フェーズであることももちろんあります。

 

ただ、一番のおいしいところは自分の目指しているキャリアと企業が求めている方向性がしっかりハマったことです。

 

僕が採用される前はどうだったかというと、人事の方がほぼ1人で採用、研修等をやっていて、採用にほぼリソースが取られてしまっている状態でした。

ただ、採用の部分は切り離して人材開発、組織開発にそろそろシフトしなければならない成長フェーズです。

なので、「早く採用を丸々任せたい」状態です。

そこで採用としてのキャリアを深めたい僕が入社したので、元々いた人事の方は人材開発の方をメインとして行い、僕が採用をメインでやる体制になったのです。

 

上場したばかりの成長企業で20代中盤でここまで裁量を持たせてもらえる企業、、

 

 

おいしくないですか??

 

 

というわけで今は生意気な意見を言ってもちゃんとフィードバックしてくれるこのありがたい環境でゆるふわな採用担当をやらせてもらっています。

 

なんかここまで現実的なことを書くと感情なさそうに見えますが、僕は今いる企業の社風や人柄は大好きです。

1社目と2社目のいいとこ取りをしたような、僕にとっては理想の会社になっています。

 

そんな会社で成果を挙げられているのかというと、入社2ヶ月で下記の成果を出しています。

・候補者:前月比250%

・内定承諾率:100%

・内定者数:500%

 

上記の成果を出して中途採用は8割のポジションを充足によるクローズにまで追い込みました。

今後は新卒採用やエンジニア採用を中心にやりながら、採用広報も並行してどんどん施策を打って行く予定です。

まだまだ外に出ていない企業の魅力がいっぱいあるので、それをちゃんとそのまま発信して行くことが直近1年間の目標です。

 

プライベートのこと

うさぎ、飼い始めました。

 

 

いやー可愛いです。

癒しです。

僕の心のオアシスです。

はい、これ以上は自重しますね。

 

2018/3に生まれたうさぎなのですが、名前はみかんっていいます。

かわいい…。

夜帰ってきた時も明らかに寝ぼけた感じで「お、ご飯か?」という顔をするので本当に愛くるしいです。

みかんについてもこれから色々記事に入れていきます。

というかほぼみかんの記事で埋め尽くされちゃうかもしれないです。

なんでかというと、次に書く僕の将来の夢に繋がってくるからです。

さて、ここまで読んで頂いて本当にありがとうございます。

ここからが本題なのでもう少しだけお付き合いください。

ぱぴおの未来(癒しの空間を5年以内に作りたい)

 

 

うさぎカフェを作りたい。

 

 

 

???

あ、聞こえなかったですか。

ならもう一度言いましょう。

 

うさぎカフェを作りたい!!

 

はい、僕が5年以内に実現したい夢です。

ただ、単なるうさぎカフェというだけでは他のうさぎカフェと何にも変わりありません。

ですので僕は「癒し」をテーマにした複合施設を作ろうと思います。

何を複合するのかというと、

うさぎカフェ(心の癒し)

×

オーガニックカフェ(身体の癒し)

×

コワーキングスペース(社会の癒し)

 

この3つの要素を全て入れた施設を作ります。

今イメージしているのは神奈川県側のベッドタウンにあたる地域に出店しようと思っています。

と言ってもすぐ作れるわけないのはわかっています。

 

細かいやるべきことはこれから考えます。

事業計画書もまだ白紙です。

お金ももちろん全然足らないです。

 

でも、実現できると本気で思っています。

 

本気でできると思っているから、その過程をこのブログで残そうと思っています。

これが僕がこのブログを始めようと思った本当の理由です。

自分の中で振り返るためもありますが、このブログを読んでくださる方々に僕が将来の夢を実現できることを証明したいのです。

僕は真剣に、このブログを読んでくださる方々へ「癒し」と「勇気」を与えようと努力します。

 

ですので、夢を実現するまでの過程をどうか、暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

もしどこかあなたの心に刺さったものがあれば、シェアなどで拡散して頂けると嬉しいです。

みなさんに癒しを与えられるような「もふもふすぺーす」にしていきたいので、今後も応援のほど、よろしくお願いいたします。

こんなに長い記事を最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

それじゃ、またねー!